2007.05.19 Saturday

犯人に告ぐ

史上初の劇場型捜査を描いた警察小説。

過去に記者会見の場で痛い目に遭った刑事が連続児童殺人事件の犯人に呼びかけるため、メディアを利用するという内容。視聴率という数字にこだわる報道番組の本音の部分や大衆心理など、細かく描かれていて、非常に興味深い。

主人公となっている刑事、巻島はロン毛で口数が少なく、今までの刑事像とはかけ離れていて、魅力ある人物に見える。家庭内の問題や過去の男児誘拐殺人事件の被害者や未だ捕まらない犯人に対する思いなど、様々な事情を抱えている人物だけに、どこかクールで深みのある人間のように思う。

結構、最後のあたりまで読者をひっぱっておきながら、9、10章で事件が急展開するので、少しバタバタした感じが残る気はする。


2006.12.31 Sunday

クローズド・ノート

「私」の部屋に置き忘れられた一冊のノートを開き始めた時、「私」の日常が大きく変りはじめる・・・。とても切なく温かい恋愛小説。

ノートの持ち主であった女性と彼との関係や、「私」の気持ちなど読んでいる側としては、よくわかるので、もうじれったいやらで、どんどん先が気になって、物語に入り込んでいく感じだった。

ノートの女性と彼と「私」の三角関係は切なすぎて何とも表現のしようのない感じ。こんな素敵な恋愛というのがあるんだな、と心が温まる。

この作品は携帯サイトにて配信され、多くの人の感動を呼んだだけあって、さすがに老若男女を問わず、楽しめる内容になっていると思う。

2006.11.30 Thursday

火の粉

無罪判決を下した元裁判官に「火の粉」が降りかかる犯罪小説。

隣家に越してきた元被告人の行動が善意を通り越して何とも気味悪い。一方、善意を受ける側の家族がすっかりこの男を信用してしまうのは読んでいてハラハラさせられる。

人間の表と裏の顔とか、善意と悪意など、いろんな面で考えさせられる小説だった。

Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM