2008.04.12 Saturday

風に顔をあげて

25歳フリーターの風実(ふみ)は家族や彼のことで心配事が絶えない日々。しかし、本当のところ自分のこれからのことが一番心配だった・・・。

さまざまな人達との出会い、弟のカミングアウト、彼の裏切りなどの経験を通して、彼女は地に足ついた生き方を見つけていく。

仕事や人生の先行きに不安を感じている人、あるいは家族や人間関係で悩んでいる人が読めばおそらく共感することが多いだろう。きっと勇気や元気をもらえると思う。


2008.02.18 Monday

素晴らしい一日

ちょっぴり身につまされる大人のユーモア小説、短編6編。

ぐうたら男からのお金の取り立てで、主人公の女性が気付くこと。家出した娘の身代わりに臨終の父親に会いに行く女。親の反対を押し切って結婚した夫との間に愛情を感じ始める主婦・・・。様々な人達が様々な人生の中で織り成す人間模様をユーモアを交えてうまく表現されている。

暗くなったり、陰湿になったりしがちな内容でも、明るく品良く描かれていて元気をもらえた感じがする。


2008.01.21 Monday

恋はさじ加減

ポテサラ、ハヤシライス、カレーうどん、バターご飯・・・食べ物をきっかけに始まる恋、こじれる恋を描く短編集。

恋愛も食べ物も身の周りにあふれていて、どのエピソードも妙にうなづける。食べ物をきっかけとして始まる恋もあれば終わる恋もある、そんなアホな・・・って感じであるが、人それぞれこれだけは譲れないという食べ物へのこだわりがあり、実際にあり得る話かなとも思う。

恋愛ものといっても、ドロドロ系もなく、軽い味わいの小説である。


2007.07.31 Tuesday

あなたがパラダイス

3人の中高年女性、夫と家族と恋人によるユーモアたっぷりの作品。

この物語に登場する3人の女性の共通点といえば、更年期とジュリーこと沢田研二。

娘時代から熱烈なジュリーファンの独身女性の敦子。10代をジュリーファンとして過ごしながら、親の介護など日々の雑事でその情熱を忘れてしまった、まどか。離婚後の更年期の訪れをジュリーの歌と出会うことによってしっかり見つめ、向き合えるようになった千里。ラストでは同じジュリーのライブ会場に3人が出かける。

中高年の女性の心の機微をストレートに描いていて、共感半分、先々への不安半分、楽しく読めるけど、自分自身の更年期のことも気になる・・・。あれこれ考えてしまう不思議な一冊だった。

ジュリーファンだった人、現在進行形のファンの人なら、私以上に面白い作品だと思う。


2007.03.29 Thursday

くうねるところすむところ

素晴らしき土建屋の世界を楽しく描いた作品。

一目惚れしたとび職を追いかけて工務店へと飛び込んだ梨央。亭主に逃げられ社長に就任したばかりの女社長、姫。2人を中心に物語が進んでいく。

2人の女が初めての世界で経験する悪戦苦闘の様が、大変面白い。一目惚れした男に少しでも近づきたくて入った建築の世界で必死に頑張る梨央はとても素敵な女性だと思う。仕事をやっていくうちに家を建てるという仕事を心から好きになっていくのだ。

最初は男のためだったのが、終いには自分のために仕事をしている。きっと梨央の恋も叶うのだろう、という感じがするラストである。


2007.03.25 Sunday

センチメンタル・サバイバル

24歳フリーター。恋も仕事も中途半端・・・。理想と現実のハザマで揺れ動くガールズライフを描いた作品。

50歳前で独身、キャリアウーマンで仕切屋の叔母と同居を始めた主人公“るか”。特に夢もなく覇気のないフリーターの彼女と叔母との同居生活は果たして上手くやっていけるのか。

恋愛や両親の離婚騒動など、いろいろあり、叔母の影響を受けたりして、少しずつ前へ進んでいく彼女。

叔母が掛け軸大の和紙に大書した「歩き出さなきゃ、どこにも行けない」という言葉が るか の心にしっかり届き、ちょっとずつではあるけど、自分から何かを切り開いていく人生を送っていくことだろう。

しかし、叔母の言うことはその都度、妙に納得させられるし、とても面白いキャラクターで楽しかった。


Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM