2007.07.17 Tuesday

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~

題名の通り、オカンとボク(時々オトンが登場)の半生をつづった物語。

単発ドラマ、連続ドラマ、映画化、そして舞台化された、大ベストセラーである。

母と子の、強い愛情と絆で結ばれた姿にとても感動する。特に息を引きとる時のオカンの描写に涙した。

泣かせるだけでなく、ユーモアにもあふれていて、読みやすく書かれている。こんな小説のような半生をリリー・フランキーという人は送ってきたのか、と二度感動した。


Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM