2007.09.06 Thursday

プルミン

公園で遊んでいた4人の男児のうちの一人が、見知らぬ女からもらった乳酸菌飲料プルミンを飲んで死んでしまう。この事件を発端に次々と殺人事件が起こっていく。

子供をめぐる母親の気持ちが上手く表現されていて共感できる。日常の些細な事をきっかけに、子供の母親の一人が事件の真相に気付くところも興味深い。

特に探偵役がいるわけでも警察が活躍するわけでもないが、登場する母親達の個性もきちんと描き分けられていて大変面白い。


2007.09.01 Saturday

子盗り

望んでも産めない女。子供を奪われた女。母親になれないのに執着する女。3人の女たちの情念が交錯する・・・サントリーミステリー大賞・読者賞ダブル受賞作品。

女性作家ならではの題材で、3人それぞれの女たちのキャラクターや人物背景など説得力がある。親子にとって、血のつながり以上の大切なものがあるのではと、考えさせられた作品でもある。

後半の急展開は意外な感じで、読者を飽きさせない工夫もなされていて流石である。


Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM