<< チョコレート・アンダーグラウンド | main | 陽気なギャングシリーズ >>
2007.02.19 Monday

邪馬台国はどこですか?

舞台はカウンター席だけのとあるバー。正体不明の青年宮田が独特の歴史解釈で議論をふっかけ、文学部助手で美貌の持ち主、早乙女静香の鼻をへし折る痛快な短編連作集。

静香の師である文学部教授、バーテンダー、宮田、そして静香の4人だけの登場人物で、なおかつバーのカウンターから皆一歩も離れずストーリーが進む。各編とも毎度毎度、宮田が持ち出す歴史理論に端を発する。

一見、無茶苦茶な解釈でありながらも読み進めるうちに納得してしまうのは鯨氏の手腕というべきなのか・・・。とても気軽に読める新しいタイプの歴史ミステリーである。

少しばかり歴史通になったような気がする一冊。

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
ナポリ歴史地区(イタリアの世界遺産)
世界遺産を紹介しています。よかったら見に来てください。
  • ネットで巡る世界遺産
  • 2007/02/20 4:50 AM
邪馬台国総論
地政学的見地からみた裏日本地図 邪馬台国の所在地(人口から考察) 邪馬台国の所在地(官名・人名などから推定) 邪馬台国の所在地の推定(諸国の国名から推定) 倭迹迹日百襲媛命とは? 倭国大乱~女王卑弥呼(百襲姫)誕生
  • 邪馬台国総論
  • 2007/04/17 9:22 AM
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM