<< グルーピング・・・全体構成の検討 | main | 冷たい密室と博士たち >>
2007.09.11 Tuesday

仕上げる

読書感想文の書き方の最終回。

メモを取り、グルーピングして、全体構成を決めたら後は仕上げるだけである。

考えた全体構成に従って、下書きをする。手元にはたくさんのメモがあり、書くネタがなくて困ることはないはずである。

ただし、メモをそのまま原稿用紙にダラダラと書き写すだけでは調和のとれた文章にならないので、接続詞などに気をつけて読み手がスムーズに読めるように配慮しながら書く。

もし可能であるなら、パソコンの利用をお勧めする。編集作業の効率は手書きの比ではない。

こうして、一応書き上げたら推敲に入る。推敲と言っても、読書感想文なので、そんなに神経質になる必要はない。全体の流れや、「てにをは」、主語述語の間違いがないか、等をチェックするだけでいい。

肉付けしたいところがあれば、必要に応じてしても良いが、ここまでのプロセスをしっかりと辿っていれば、充分な文章量になっているはずである。清書をすれば、原稿用紙3枚は、軽くオーバー、むしろ、枚数が多くなり過ぎて困るくらいかもしれない。



読書感想文はあくまで「感想文」。上手に書こうとか、感動的に書こうとか、そんなことは別段意識する必要はない。思ったまま、感じたままを素直に文章にすればいいのである。

もっと、気楽に、簡単に考えて書けばいい。紹介した方法はそのためのテクニックの1つである。これができるようになれば、読書感想文の宿題は楽勝!ということになるだろう。
コメント
はじめまして(^-^)

それなのに
去年の記事への書き込みですいません (+_+;

自分はもう読書感想文とは
すっかり縁がない年齢になってしまったんですが・・

bookさんのようにブログに
読んだ本の感想を書いてみたいなぁと思う時があります
でも、なかなかうまく感想をまとめることができません (>_<)

感想を端的にまとめるコツってありますか?
  • KOYA
  • 2008.02.23 Saturday 20:37
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM