<< 素晴らしい一日 | main | ホルモー六景 >>
2008.02.21 Thursday

二十四時間

24の時間帯、24の痛切な記憶。自身に取材した連作短編小説。

24の時間帯それぞれに刻まれた体験を小説仕立てで描いている。恐怖体験あり、不思議な話あり、心打つ内容あり、と様々だが、乃南氏が歩いてきた人生の一部を垣間見ることができる。

個人的には、時系列順に並んでいる方が読みやすいし、分かりやすいと感じた。でも、それも筆者の意図するところなのかもしれない。


コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM