<< 図書館革命 | main | 木洩れ日に泳ぐ魚 >>
2008.03.22 Saturday

夜明けの縁をさ迷う人々

不思議な話やゾッとするような恐怖物語など9つのストーリーを収めた短編集。

「博士の愛した数式」「ミーナの行進」にはないチクリと風刺のきいた内容や少し怖い話が綴られている。今までに読んだ小川氏の作品とはかなり違う作風で、新鮮というより少し違和感があった。

自分の読み方が浅いのかもしれないが、先に挙げた2作のようなほのぼのとして心に訴えかける作品の方が彼女らしさが出ているように思う。もちろん全くの私見であるが・・・。


コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM