<< 夜明けの縁をさ迷う人々 | main | 仏果を得ず >>
2008.03.28 Friday

木洩れ日に泳ぐ魚

一組の男女が迎えた最後の夜に、ある男の死の秘密と二人の関係が明らかになる。

この話は、これから別々に暮らしていく男女の最後の一夜だけを描いた物語である。幼い頃に別れた父親の死の真相や双子だと思い込んでいたが、実はそうではなかったことなど、話が進むにつれてお互いに気付いていくことになる。

章が変わる毎に男女それぞれの目線で描かれているので、心の葛藤やお互いの感情がよく伝わってきて分かり易い。たった一夜だけの物語だが、中味の濃い内容。




コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM