<< 木洩れ日に泳ぐ魚 | main | 1995年のスモーク・オン・ザ・ウォーター >>
2008.04.05 Saturday

仏果を得ず

文楽に賭ける若手大夫の熱い青春を描いた作品。

文楽を題材にし、実際に上演される演目を取り上げて描かれていて非常に珍しく、面白く読めた。

文楽に携わる大夫、三味線、人形使いの芸に対する思いや情熱などが生き生きと表現されているところも興味深かった。

芸の道だけでなく、主人公の若手大夫の恋愛ごとも絡んできて、物語をますます面白くしている。三浦氏の別の一面を見られたような気がした。


コメント
はじめまして。
横浜に住む「はまかぜ」といいます。
私は昨年の春から三浦しをんさんの大ファンで、いろいろと本を読んでいます。
「仏果を得ず」は、昨日読み終わったばかりの作品です。
三浦しをんさんの本は、常に面白い展開になると思います☆
トラックバックを送らせて頂きましたので、よろしくお願いします。

すごくたくさんの本を読んでいるのですね。
カテゴリーを見て驚きました。
この中では、伊坂幸太郎さんの本を私もよく読みます。
後でほかの記事も読ませて頂きますね♪
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM