<< 風に顔をあげて | main | 交渉人 遠野麻衣子・最後の事件 >>
2008.04.13 Sunday

いのちのパレード

ホラー、SF、ミステリー、ファンタジー・・・恩田ワールド満載の短編集。「奇想短編シリーズ」と銘打って雑誌に連載されていたものを一冊の本にまとめられている。

摩訶不思議な作品ばかりで、正直、ついていけない観がある。世の中のことを皮肉っているような内容のものもあったり、何を言いたいのか理解できないものもあったりで、私には少しわかりにくい・・・もっと単純に楽しめるストーリーも欲しかった。

恩田氏は本作品の趣にぴったりと言っているが、表紙の写真も暗くて私にはイマイチに思える。ただ、中味共々、人によって感じ方は異なるだろう。こんな世界が大好きな人もいるに違いない。




コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM