<< 交渉人 遠野麻衣子・最後の事件 | main | 阪急電車 >>
2008.04.27 Sunday

ゴールデンスランバー

首相暗殺の濡れ衣を着せられた男が巨大な陰謀から逃げまくる物語。

アメリカで起こったジョン・F・ケネディの暗殺事件と重なってしまうような内容ではあるが、陥れられ、犯人に仕立て上げられた主人公が様々な人達の助けを借りて逃げ延びる様子は感嘆に値する。

どこか殺伐とした内容だが、ラストが少しホッとさせられ、主人公の将来にも希望がもてそうな予感すら覚える。

「こんな話あり得ない!」と思いながらも、つい先が気になって一気に読んでしまった作品。


コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM